吉村真晴選手のアップダウンサーブを解説!!

先日の卓球ジャパンで吉村真晴選手のサービス特集があり話題になっていたので、吉村選手のアップダウンサーブを解説していこうと思います。

 

 

 


吉村真晴選手から学ぼう。世界クラスの「アップダウンサーブ」のポイント/スポーツナビDo

 

この動画、めちゃくちゃわかりやすいです!

 

上回転のサーブと下回転のサーブでモーションは同じですが、インパクトの瞬間のラケット角度が全然違いますね。

 

アップサーブ(上回転)の出し方

上回転のときはラケット角度を立て気味でボールの後ろをこすり上げる感じ!

 

モーションの始めの時点では一旦フラット(水平)になっていますが、インパクトの瞬間ではラケットの角度を立てて、手首のひねりを加えてボールをこすり上げています。

 

 ダウンサーブ(下回転)の出し方

下回転のときはラケット角度をフラット気味(ほぼ水平)にして、ボールの下をこすっています。

 

手首のひねりを活かして、通常の下回転サーブと同様にラケットとの接触が長くなるように先端部分で強くボールの下をこすります。

 

動画のスローモーション部分をよく見て頂くと、ラケットがボールの下をしっかりこすっていることがわかるかと思います。

 

アップダウンサーブの回転量をあげるコツ

吉村選手のアップダウンサーブは回転量が多く、サービスエースを連発していました。

 

モーションとしてはYGサーブに似ていますが、通常のYGサーブよりも横回転が弱めで縦回転が強いのが特徴です。

 

吉村選手自身もサーブ練習にはかなりの時間をさいているようですが、サーブミスも出てしまう難しいサーブだと述べていました。

 

実際に真似してみるとわかりますが、吉村選手のモーションで出そうとするとボールを捉えるのが難しいです。始めは空振りばかりでした。

 

練習して精度を高めるためには、手首の力を抜いてリラックスさせることが重要です。

 

どんなサービスに関しても言えることではありますが、力を抜かないとボールに強い回転をあたえることはできません。

 

回転をかけるようにするコツとしては、動画の吉村選手のモーションをすべてマネするのではなく、モーションの後半部分(インパクト直前)から打つ練習が有効です。

 

相手の目を騙すためには一連のサーブモーションが必要ですが、まず回転をかけることだけに注力するのであれば、インパクトの直前から強い回転をかける練習をするべきです。

 

【実践編】試合で効くアップダウンサーブの出し方


【世界ランク1位でさえ呆然!】吉村真晴のサーブまとめ

 

まず一本目は下回転サーブを出すべきです。

 

このアップダウンサーブのモーションは初見だとアップサーブだと思う選手が多いからです。

手首をひねってラケットを返しているのでこすり上げているイメージが強くアップサーブに見えるはずです。

 

↑の動画でも下回転サーブをネットミスしている場面が多くあります。

 

ネットミスをさせるためには回転量の多い下回転サーブを出す必要があります

 

2本目以降はアップとダウン、両方を混ぜていくのが良いでしょう。

 

両方を混ぜることで相手の判断を誤らせて、レシーブミスを誘うことができます。

 

アップサーブだけできる、ダウンサーブだけできるという選手はもったいないです!両方できるようになって、サーブからの展開を有利にしましょう。

 

ナックルサーブや回転量に差をつけたサーブもできるようになると更に有効です。

 

回転量に幅があれば、相手のラケット角度を狂わすことができます

 

まとめ

  • アップサーブ→ラケットの角度を立てて、手首のひねりでボールをこすり上げる
  • ダウンサーブ→ラケット角度をほぼ水平にして、ボールの下を強くこする
  • 回転量をあげるコツ①手首の力を抜いてリラックスさせる
  •          ②インパクト直前から打つ練習をする
  • 試合で活かすには→1本目に強い下回転サーブ、そのあとはアップ・ダウンを混ぜる
  •          ナックルサーブも取り入れる

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村